39 ゴルフ【森守洋プロ】ボディターンの開きを抑える(動画)

ドラコン飛ばし屋塾の大津です。

森プロのスイング練習にある正拳突き(瓦割)ドリル。

この正拳突きドリルは、
ゴルフスイングの全てのエッセンスを含んでいる、

と森プロは言います。

しかし実際のスイングでは、
右手と左手は合体して同時に動くのですが、

正拳突きはでは両手はバラバラに動き、
右手が上がれば左手が下がるといった、

スイングとは矛盾した動きをしています。

先のDVDで、実践に生かす練習の仕方が少し紹介されてはいましたが、
分かりづらかったと思いませんでしたか。

正拳突きドリルの身体の動きをみれば、
確かに理屈は分かりますが、

実際のどの様にしてスイングに取り入れたら良いか、
理解に苦しむ方が多そうですね。

レッスンを受けるモデルさんも、
実際のスイングに結びつかせにくいと言い、指導を受けます。

その中で森プロは、
アドレスからテークバックに移行する時の手の動きについて説明しています。

正拳突きで瓦を割った直後の右手は、
右腕前腕が回内しきり、

手のひらが身体側を向いています(閉じている)。

そこからテークバックするのですが、
右手は閉じた状態を少し保ってから開いていき、

トップを迎えます。

そのテークバックに合わせて、
開いていた左手は、

正拳突きのように真っ直ぐ下へは下りませんが、
左肩が下りていくのに伴い、

右手と一緒に開いた状態から閉じながらトップへ移動。

アドレス状態で若干閉じ気味の右手の状態を維持して、
テークバック始動をすることによって、

無意識に、ハーフウェイバックでヘッドのトゥは、
11時あたりを指すような状況が生まれるのでしょう。

トップからダウンに移行していくときは、
右手は回内しつつ、瓦を割る動きとなります。

同時に左手は回外しながら下りていきますが、
右手が伸び切って瓦割ると同時に開きますね。

その瞬間がヘッドターンで、
右腕の回内と同時に左腕が回外。

その後は自然に左腰が切れ上がり、
回内仕切った右腕がフィニッシュに向けて開いていき、

左腕が閉じていく動きとなりますね。

正拳突きスタイルをスイングに生かせば、

インパクトで溜めが出来、
鞭のようにクラブを使うことも出来るような感じがしました。

またトップからダウンに向けての、
骨盤の移動方向について詳しく説明されていますが、

その骨盤移動によりインパクトに向けての正拳突きスイングが、
一層生かされるように思われますね。

—–<リアルスタイル川手・紹介動画>—–



38 ゴルフ【森守洋プロ】飛距離を伸ばすために何が必要か

ドラコン飛ばし屋塾の大津です。

「永久不変のゴルフ理論」第4弾が登場しました。

この第4弾の内容は、第1弾から第3弾までの内容について、
アマチュアゴルファーが森プロのスイング指導を受ける内容になっています。

その中で、ヘッドスピードを上げ、
飛距離を伸ばすために何が必要か

私も勘違いしていたことがありました。

ヘッドスピードを上げるには、
身体の回転を速くすれば良い、と思っていませんか。

そしてヘッドは身体の回転についてくると思いがちですが、
それは大きな間違いでした。

プロのゴルフトーナメントを見ていても、
ほとんどの選手がマン振りをしています。

それでいて大変方向性が良いのに驚きます。

身体が鍛え上げられ、しっかりした体幹で、
素早い身体の回転がヘッドスピードを上げているかのようです。

しかしそのスイングをよく見ていると、
素早い身体の回転というよりも、上半身の回転、

特に両腕の力強い振り下ろしによる回転に、
下半身がついて行っているのですね。

つまり腕をしっかり振っているということです。

森プロは上半身主導的スイングを心がけよ、
と言ってますが、

両腕でしっかりクラブを振ることによってヘッドスピードを上げ、
その動きを下半身がフォローするという事が良く理解できます

だからスイングがぶれなく、
方向性の良いショットが生まれるのでしょう。

身体の回転を速めると開きが早くなり、
ヘッドは完全に遅れて下りてきますね。

これでは方向性の良いショットなど期待できるはずありません。

指導を受けるアマチュアゴルファーの動きを見ても、
体を右に向けたまま両腕を、右足もとに向けて鋭く振り下ろしていくと、

身体の開きを抑えられ、
身体の正面でボールを捕えたインパクトが出来きています。

その結果、方向性の良い、
ダウンブロースイングが出来ることがよく分かります。

ヘッドスピードを上げるためには、
良いスイングの為の基本的な動作である、

右腕の肘から下の回内をしっかりさせて、
右手で強く振ること。

けっして体を早くターンさせることではないという事が、
ハッキリ分かるレッスンでした。

命令を脳からきちんと出すと、
身体はそのように動く、と言う森プロ。

指導を受けるアマチュアの身体の使い方が、
大変参考になりますね。

詳細は左側にある第4弾のバナー
もしくは、コチラ

—–<リアルスタイル川手・紹介動画>—–



37 ゴルフ【森守洋プロ】叩く意識でスイングスピードアップ

From リアルスタイル
ドラコン飛ばし屋塾 川手

森 守洋プロの第4弾DVDタイトル発表。

『永久不変のゴルフ理論』

~ 脳からの命令、道具と体の使い方を落とし込む実践レッスン

2016年11月16日
リリースとなりました。

お申し込みはこちら

今回の動画で紹介は

ミスの原因は体の使い方ではなく、
脳内にあるかもしれません。

脳内から体に伝える動作の命令が間違っていると、
体は関節をフル稼働させることができません。

関節を稼働させていないスイングは、
本来、体が持っているパワーを、

うまく使うことができず、
ミスショットの原因となります。

脳内から出す動作の命令はシンプルです。

「ボールを叩く」

これだけです。

スイングスピードアップのヒントにもなります。

ボールを引っ叩いてみてください。



36 ゴルフ【森守洋プロ】永久不変のゴルフ理論 DVD紹介

From リアルスタイル
ドラコン飛ばし屋塾 川手

森 守洋プロの第4弾DVDタイトル発表。

『永久不変のゴルフ理論』

~ 脳からの命令、道具と体の使い方を落とし込む実践レッスン

今回は、リアルスタイルにお問い合わせいただいた内容から、

紹介VTR付きで更新させていただきます。

クラブの構造は基本的に、

アイアンもドライバーも同じです。

フェースローテーションを習得するには、
アイアンで練習。

アプローチのような短い距離でも、

フェースを閉じていく動きを覚えることで、

長いインパクトゾーンを可能にします。

長いインパクトゾーンが出来れば、
ダフリやトップのようなミスが減り、

フェースを閉じる動きを習得すれば、
スライスのような、開きが原因のミスが減ってきます。

引っかけを恐れずフェースローテーションしてみてください。

———————————————-
森守洋プロのDVDに関する質問を受け付け中です。
およせいただいた質問に対して動画で回答します!
質問の受付を11月20日まで行っておりますので、
こちらまでメールで送信してください。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
info@dorakon.jp
———————————————-



【森守洋プロ】第4弾DVD『永久不変のゴルフ理論』内容公開

From リアルスタイル
ドラコン飛ばし屋塾 川手

森 守洋プロの第4弾DVDタイトル発表。

『永久不変のゴルフ理論』

~ 脳からの命令、道具と体の使い方を落とし込む実践レッスン

タイトルで内容の想像は湧いてきましたか?

今回も、紹介VTR付きで更新させていただきます。

このように今回は、実践レッスンを映像化

スイング中の道具の扱い方、
体の使い方のどこにミスがあるのか?

それらのミスは、どのようにボールに伝わり、
ミスショットを起こしてしまうのか?

原因が解れば、改善すべき点も見つかります。

改善すべきは、道具の使い方?体の動作?

レッスン形式だから出来るアドバイスの内容、
リアルな悩みだからこそ、目からウロコの改善方法。

今までの3部作のテーマにそって撮影してるので、
あのディスクで話していたのは、こういうことだったのか!

という見方もあり、

今までの作品を見ていなくても、
森プロのレッスンを受けている感覚で観てもらえると、

練習場でのスイングがイメージしやすくなり、
コースでの再現性が上がってくることと、思います。

これからも内容公開していきますので、
今後もよろしくお願い致します。

次回は2016年11月14日の公開です。

———————————————-
森守洋プロのDVDに関する質問を受け付け中です。
およせいただいた質問に対して動画で回答します!
質問の受付を11月20日まで行っておりますので、
こちらまでメールで送信してください。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
info@dorakon.jp
———————————————-



【新作】第4弾DVD情報公開

From リアルスタイル
ドラコン飛ばし屋塾 川手

森 守洋プロの第1弾DVDの発売は、2016年2月。
撮影となると2015年12月でした。

約1年前に
「ボールに合わせるのではなく、叩く」

という、脳からの命令でスイングは変わる!

ここから森プロのシリーズがスタートしました。

今までに、

・ 長いインパクトゾーン
・ フェースターン
・ 道具の特性と扱い方
・ 肘下の旋回
・ 勘違いのボディターン
・ 下半身主導ではなく上半身主導
・ ダフリトップのメカニズム
・ 右回りの動作

などなど
ゴルフスイングのエラー動作や、正しい体の使い方。

様々な角度からひもといてきました。

・ 正拳突きドリル
・ クッション投げドリル

ゴルフスイングにどのようにつながるの?

というような項目もありましたが、

ゴルフに関係のないドリルだと思っていても、
実は、力の出す方向の確認。

効率の良い体の使い方の確認になるのです。

ゴルフは体の正面にあるボールを、
体の横方向にあるターゲットに対してボールを運ぶスポーツ。

ボールの飛び出しは、
インパクトの瞬間に起きる、

クラブとボールの物理的な衝撃で決まる。

だからこそ、ゴルフクラブの特性を知り、
クラブの特性に合わせた、体の使い方をする必要があります。

もっと飛ばしたい。
スライスしてほしくない。
低い球を打ちたい。

これらの欲求をかなえるためには、
ハードなトレーニングなど必要ありません。

何度も言いますが、

クラブの特性を知り、
クラブの特性に合わせた効率の良い体の使い方をする。

これだけで、飛距離と弾道は変わってくるでしょう。

今までお伝えしてきたような内容を知ることで
ゴルフが上手くなるキッカケになると、

森プロは教えてくれました。

2016年11月16日
遂に第4弾の発売です。

気になる内容は…
11月11日に動画を添えてお伝えさせていただきます。