43 【森守洋プロ】ターゲットに対してスクウェアなアドレス

ドラコン飛ばし屋塾の大津です。

一般的にアドレスでは、
左手を右手より手前でグリップしている関係上、

右腕が左腕より前に出てしまいます。

この状態は、右腕前腕が既に回内している状態で、
このままスイングすればインパクトでこれ以上右腕前腕を回内させることが難しく、

フェースターンが十分できない、と森プロは説明します。

そこで森プロは、グリップする前に、
右腕前腕を回外させ、右腕前腕が上を向き、

右ひじが右わき腹にくっつく様な状態で手首だけを回してグリップせよ、
と言います。

そのようにしてグリップすれば、
アドレスで両腕の高さが同じになり、

ターゲットに対してスクウェアなアドレスが出来、
インパクトに向けて、右腕前腕の十分な回内ができて、

理想的なフェースターンが出来ると。

私はかつて、アドレスでは、スムーズにトップ出来るように、
右腕前腕の内側が上を向くような状態で構えろ、

と言われたことがあります。

そして今日まで、
グリップしてから右ひじが右わき腹にくっつく様に構え、

右腕前腕が上を向くようにアドレスしていたのです。

しかし私もショートアイアンの抜けが悪く、
番手の距離が出かねていました。

テークバックからインパクトまでは右腕前腕の回外、
回内はし易かったのですが、インパクトで急にブレーキがかかった様に、

ヘッドスピードが落ち、
振り抜きの良くないスイングだったのです。

前腕は確かに回外した様な状態であったのですが、
恐らく回内している状態でのグリップだったのでしょう。

そこで森プロの言う、前腕を回外させた状況でグリップし、
スイングすると、ヘッドのターンも大変スムーズになり、

左腕の動きも違和感なく、振り抜きが良くなったのです。

私の悩みもすぐに解消してしまいました。

”良いスイング”の為には、
ゴルフクラブの回転したがる特性を良く理解し、

それを生かす身体の使い方をする必要がある、
と森プロは絶えず言っています。

トップからダウンに向けて、
骨盤を右回転するように移動させながら、

右懐を広くし、正しいグリップの仕方で右腕前腕を回内させ、
ヘッドターンインパクト。

貴方もやってみて下さい。
プロの様なインパクトフォームに、

方向性の良いショットが生まれるはずですよ。

—–<リアルスタイル川手・紹介動画>—–



42【森守洋プロ】トップからダウンに入る切り返しのタイミング

ドラコン飛ばし屋塾の大津です。

トップからダウンに入る切り返しのタイミング。
誰もが一度は悩むところかもしれませんね。

「永久不変のゴルフ理論」第4弾では、
上半身主導でトップから腕を振れ、とありました。

しかし腕を振っても横回転させては、
エネルギーロスで意味が無く、

力のベクトルを下に向ける様に右足もとに向けて、
グリップを振り下ろせといいます。

ではその時、
下半身はどのような動きをする必要があるのかと言えば、

けっして右足を蹴って体を横に回転させるのではなく、
右足を踏み込むようにし、

その反発力も利用して縦回転でスイングしろ、
ということでした。

そこで森プロは、捻転したトップから、
右を向いたその状態を維持したまま、

骨盤を右へ回転させるように移動させろ、
といいます。

そうすることによって、右懐が広くなり、
思い切った良いダウンスイングが出来る、ということです。

モデルさんは体格も良く、
腰を力強くターゲット方向へ回しながらスイングする方で、

スイングも綺麗で、
インパクトのタイミングも良さそうでしたが、

飛ばす意識を強く持つと、スライス気味になると言います。

これは森プロが何時も言っていますが、
下半身主導では身体の開きを抑えきれず、

ヘッドが遅れてしまう結果ですね。

そこでトップの状態を維持して、
骨盤を右へ回転させるようにターゲット方向へ移動させながら、

上半身主導で両腕を振り下す様、
森プロが指導すると、

身体の開きを抑えられ、
身体の正面でボールを捕えた、

力強いインパクトに変ったのです。

スイングの違いが一目りょう然、
よく分かります。

ところで森プロの骨盤の移動によるインパクトへの動きは、
正に正拳突きのような腕の使い方、

身体の使い方、
動きが出来るように思います。

右懐が広くなった分、右腕をインパクトに向けて伸ばし易く、
完全に右腕前腕が回内しきり、

同時に左腕前腕も回外し、
綺麗なフェースターンとなり、

左肩が上がって、左腰が切れ上がる…。

そしてフィニッシュ。

作用反作用の話もありましたが、
まさにそのようなインパクトで頭がターゲト方向と逆に動き、

その反発力でヘッドがターゲット方向へ走る。

まるでPGAのプロのようなスイングです。

素晴らしい”良いショット”が出来そうですよ。

森プロの教えを実践してみると、
結果は本当にすぐ表れますね。

—–<リアルスタイル川手・紹介動画>—–



41【森守洋プロ】インパクトへ向けてのナックルダウン

ドラコン飛ばし屋塾の大津です。

インパクトへ向けてのナックルダウンの話しは、
色々なところ出てきます。

インパクトで左手首が斜め下を向き
「くの字」になってフェースターンをさせボールを捕える。

決してフリップさせてはいけない…。

森プロの1ヤードドリルがありますが、
1ヤードでもキチンと打てるのが、

このナックルダウンによるショットですね。

不思議なことにトップもダフリも発生しない。

既に説明があった、
クラブの特性を理解したクラブの使い方ですね。

ナックルダウンさせることによってヘッドターンさせ、
ヘッド後方にある重心を前方方向へ移動させることによって、

低くて長いヘッドの動きをさせた結果です。

この1ヤードドリルの腕の使い方が、
全てのショットの基本的な動きだと言います。

左手首がフリップした場合は、
ヘッドがすぐに上昇して、

インパクトエリアが点のようになってしまいます。

ところでインパクト前後のグリップの移動について、
大変興味深いものがあります。

左手首が甲側に折れて、いわゆるフリップ状態でショットした場合は、
グリップのセンター辺りを支点として、

ヘッドは上昇していき、
グリップエンドは後方へ逆戻りしながら下がっていきます。

その時のスイングのクラブの残像は、
まるで扇を広げたような状態を想像することが出来ます。

つまりヘッド側が大きく広がり、
グリップエンド側が小さく広がった残像です。

ところが、左腕前腕を回外し、
ナックルダウンによるインパクトでは、

グリップエンドはターゲット方向へ移動していきます。

そして左肘が支点となってクラブがターンしていき、
リーディングエッジはそのヘッドターンによって、

地面をなぞるように移動、
長いインパクトゾーンが生まれています。

クラブの支点が左肘になることによって、
長いクラブに変身し、

飛距離も期待できるようになることでしょう。

これが本来すべてのスイングの腕の使い方、
道具の使い方だと森プロは言います。

—–<リアルスタイル川手・紹介動画>—–



40 【森守洋プロ】インパクト後の左手首の動きとは

ドラコン飛ばし屋塾の大津です。

インパクト後の左手首の動きが良く理解できない…。

インパクト時に、”くの字”にナックルダウンする左手首の、
その後の動きはどうなるのが理想なのか…。

そんな悩みを持っている方も多いのではないでしょうか。

インパクトで左手首はターゲト方向へ、
フリップ(逆くの字にしゃくったように)なってはいけない、と言います。

しゃくった動きは、ヘッドが上方向に動くため、
打点の範囲が狭くなってしまいます。

森プロは、ゴルフのスイングは、
両腕が開いたり閉じたり、その交互の繰り返しであると言います。

ダウンからインパクトで右腕の肘から下を回内させ、
同時に左手肘から下はナックルダウンさせながら回外させて、

フェースをターンさせていく。

そうすることによって、
リーディングエッジが地面をなぞるように動く。

結果、打点の範囲が長くなり”良いスイング”である、
ダウンブロースイングが出来るという事は、

既に理解されていると思います。

つまりトップからインパクトに向けて、
右腕は開いた状態から回内することによって閉じていき、

左腕は閉じた状態から回外することによって開いていく、
という事ですね。

トップでの両腕の開閉状態は、
インパクト後開閉状況は反対になります。

そこでフォローにかけて左首は親指側(ないし甲側)折れていくのですが、
折れても良いのか、それとも折れない様にターンすべきか…。

プロのスイングを見ていても、
左手首がフォローで折れていない様に見えます。

しかし森プロは、左腕が回外した後は、
左手首が折れて当たり前
で、開いた後の閉じる動きであり、

ナックルダウンによって左腕が回外している限り、
間違ったリストターンではない、と言います。

インパクト後右手は閉じて左手は開き、
その後フィニッシュに向けて右手は開き、左手は閉じていく。

スローで、一連の動きをしてみると、
森プロの言う、両腕が開いて閉じ、

開いて閉じる状況が理解できますし、
クラブを回転させるドリルがありましたが、

肘から下が開いて閉じる動きを繰り返していますね。

スイングの基本の動作、インパクトで右腕を回内させ、
同時に左腕を回外させることによってヘッドターンをさせる。

スイングスピードも上がり、打点の許容範囲も長くなり、
ダフリもトップも出ない、

方向性の良いダウンブロースイングが完成します。

—–<リアルスタイル川手・紹介動画>—–