54【森守洋プロ】左右に出球が荒れるミスの修正法【永久不変のゴルフ理論】

スイングの最終ゴールは、
フェースローテーション習得だけではありません。

正しいフェースローテーションが出来てくると、
ダフリトップというミスは、

長いインパクトゾーンが作れることで、
激減してきますが、

左右に出球が荒れるミスとは、
別問題なのです。

なぜなら、左右へのミスは、
クラブの扱い方でなく、

骨盤の使い方になります。

どれだけ上半身でクラブを上手く扱っても、
上半身が乗っている土台、

つまり、骨盤の動きが悪ければ、
上半身にまで影響が出てしまいます。

主なミスは、
体が開く、骨盤が浮いて水平回転になること。

しかし、
下半身で重心移動して、

骨盤を回さないことには、
最大飛距離を出したり、

パワフルなショットはできません。

そこで、森プロは、
切り返しで骨盤が開かず重心移動できる

体の使い方を公開してくれました。

フェースローテーションの次の課題へ
飛び込んでみてください。

早速動画で確認
 ↓ ↓ ↓ ↓

banner1



53【森守洋プロ】小さい力で大きな飛距離を生み出す「テコ動作解説」【永久不変のゴルフ理論】

ゴルフはクラブという道具を扱うスポーツです。

 

クラブを上手に扱うことができれば、
ミスショットは少なくなります。

 

クラブの特性を効率よく使うことができれば、
飛距離アップも可能です。

 

しかし、アベレージゴルファーは、
クラブを使うときに「テコ原理」がない。

と、森プロは解説しているのですが、
「テコ原理」??

ゴルフでは聞きなれないですが、
ご存知の「テコ原理」です。

小さい力で重たいものを動かしたりできる、
支点・力点・作用点の関係です。

どこに「テコ原理」使うの?
となってしまいますが、

テイクバック、コック、ダウンスイングと
インパクトまでに3回も登場します。

先ほどアベレージゴルファーは、
「テコ原理」を使ってスイングしていないと書きましたが、

トッププロや上級者は、
「テコ原理」を使えているのです。

 

小さい力で大きな力を生み出す。

 

それが飛距離につながり、大きく
ダイナミックなスイングアークになります。

「テコ原理」と言われても…
イメージしにくいと思いますので

今回も動画を用意していますよ。
コチラから確認してみてください。

banner1