74【森守洋プロ】クラブの重心を知れば飛距離が伸びる【永久不変のゴルフ理論】

飛ばそう飛ばそうと
力いっぱい振っても、

なかなか思うように飛距離は伸びない。

野球のバットやテニスラケットのように、
ゴルフクラブを振っていませんか?

バットやラケットのように、
ゴルフクラブも、

ボールを打つための道具ですが、
ゴルフクラブは少し形状が違いますね。

それは、

グリップの延長線上に、
ボールをとらえるポイントがないということ。

シャフトの延長線上に、
フェースの芯はありません。

そのため重心線がズレている。
それこそが、クラブの特性なのです。

重心線がズレているから、
バットやラケットとは、

違う扱い方になります。

ゴルフクラブは重心線がズレていることで、
フェースが回りたがっているのです。

しかし、
ボールにフェースをスクエアに当てて、

まっすぐ飛ばしたいと意識していると、
クラブが回りたがっている特性を、

使えていないので、
振っているわりに飛ばない…。

という結果になってしまいます。

森プロが解説する、
クラブの特性を確認してみてください。

第1弾から映像抜粋



73【森守洋プロ】上級者のようなスイングになるシンプルな思考【永久不変のゴルフ理論】

誰でもミスショットはしたくありません。

フェースの芯でインパクトできるか…
という不安から、

インパクト前に、
スイングを減速してしまう。

グリーン周りからの、
カップに寄せたいアプローチ。

丁寧に打とうという意識から、
フェース面を固定して、

ボールとフェースを合わせるように、
打ち出している。

このようなショットは
正しい動作の正反対の動きをしていると、

お気づきですか?

・右足体重
・アーリーリリース
・フリップ

ボールに合わせるような意識があるだけで、
上記のような体の使い方になってしまいます。

ではどのような意識でショットするべきか。

ボールを叩く意識に変えましょう。

そんなに違うのか?

と思われるかもしれませんが、
動作はスイング動作は大きく変わります。

動画で見るのがわかりやすいので、
確認してみてください。

第1弾から映像抜粋



72【森守洋プロ】体を回すのではなく、積極的に腕を振る【永久不変のゴルフ理論】

森プロが解説する、
上級者とアベレージゴルファーの、

動作の違い。

腕、手首などの手関節を固定して、
フェースをボールに合わせているのが、

アマチュアゴルファー。

ボールを叩くように、
腕を積極的に振っている
のが、

上級者のスイング。

もっと飛ばしたい、
強い球を打ちたいときも、

体を回すスピードを上げようと、
するのではなく、

腕を振る!

ボールに合わせている人、
ボールを叩いている人の、

動作の違いは一目瞭然で、
叩く動作のほうが、

クラブの特性に合った動作である。
ということも、

クラブの特性を知ることで、
わかってきます。

クラブの特性に合った動作ということは、
インパクトゾーンが長くなり、

的確にボールをとらえる確率が、
各段に上がる。

体を回す意識を捨てて、
腕を振りましょう。

第1弾より映像抜粋