42【森守洋プロ】トップからダウンに入る切り返しのタイミング

ドラコン飛ばし屋塾の大津です。

トップからダウンに入る切り返しのタイミング。
誰もが一度は悩むところかもしれませんね。

「永久不変のゴルフ理論」第4弾では、
上半身主導でトップから腕を振れ、とありました。

しかし腕を振っても横回転させては、
エネルギーロスで意味が無く、

力のベクトルを下に向ける様に右足もとに向けて、
グリップを振り下ろせといいます。

ではその時、
下半身はどのような動きをする必要があるのかと言えば、

けっして右足を蹴って体を横に回転させるのではなく、
右足を踏み込むようにし、

その反発力も利用して縦回転でスイングしろ、
ということでした。

そこで森プロは、捻転したトップから、
右を向いたその状態を維持したまま、

骨盤を右へ回転させるように移動させろ、
といいます。

そうすることによって、右懐が広くなり、
思い切った良いダウンスイングが出来る、ということです。

モデルさんは体格も良く、
腰を力強くターゲット方向へ回しながらスイングする方で、

スイングも綺麗で、
インパクトのタイミングも良さそうでしたが、

飛ばす意識を強く持つと、スライス気味になると言います。

これは森プロが何時も言っていますが、
下半身主導では身体の開きを抑えきれず、

ヘッドが遅れてしまう結果ですね。

そこでトップの状態を維持して、
骨盤を右へ回転させるようにターゲット方向へ移動させながら、

上半身主導で両腕を振り下す様、
森プロが指導すると、

身体の開きを抑えられ、
身体の正面でボールを捕えた、

力強いインパクトに変ったのです。

スイングの違いが一目りょう然、
よく分かります。

ところで森プロの骨盤の移動によるインパクトへの動きは、
正に正拳突きのような腕の使い方、

身体の使い方、
動きが出来るように思います。

右懐が広くなった分、右腕をインパクトに向けて伸ばし易く、
完全に右腕前腕が回内しきり、

同時に左腕前腕も回外し、
綺麗なフェースターンとなり、

左肩が上がって、左腰が切れ上がる…。

そしてフィニッシュ。

作用反作用の話もありましたが、
まさにそのようなインパクトで頭がターゲト方向と逆に動き、

その反発力でヘッドがターゲット方向へ走る。

まるでPGAのプロのようなスイングです。

素晴らしい”良いショット”が出来そうですよ。

森プロの教えを実践してみると、
結果は本当にすぐ表れますね。

—–<リアルスタイル川手・紹介動画>—–