43 【森守洋プロ】ターゲットに対してスクウェアなアドレス

ドラコン飛ばし屋塾の大津です。

一般的にアドレスでは、
左手を右手より手前でグリップしている関係上、

右腕が左腕より前に出てしまいます。

この状態は、右腕前腕が既に回内している状態で、
このままスイングすればインパクトでこれ以上右腕前腕を回内させることが難しく、

フェースターンが十分できない、と森プロは説明します。

そこで森プロは、グリップする前に、
右腕前腕を回外させ、右腕前腕が上を向き、

右ひじが右わき腹にくっつく様な状態で手首だけを回してグリップせよ、
と言います。

そのようにしてグリップすれば、
アドレスで両腕の高さが同じになり、

ターゲットに対してスクウェアなアドレスが出来、
インパクトに向けて、右腕前腕の十分な回内ができて、

理想的なフェースターンが出来ると。

私はかつて、アドレスでは、スムーズにトップ出来るように、
右腕前腕の内側が上を向くような状態で構えろ、

と言われたことがあります。

そして今日まで、
グリップしてから右ひじが右わき腹にくっつく様に構え、

右腕前腕が上を向くようにアドレスしていたのです。

しかし私もショートアイアンの抜けが悪く、
番手の距離が出かねていました。

テークバックからインパクトまでは右腕前腕の回外、
回内はし易かったのですが、インパクトで急にブレーキがかかった様に、

ヘッドスピードが落ち、
振り抜きの良くないスイングだったのです。

前腕は確かに回外した様な状態であったのですが、
恐らく回内している状態でのグリップだったのでしょう。

そこで森プロの言う、前腕を回外させた状況でグリップし、
スイングすると、ヘッドのターンも大変スムーズになり、

左腕の動きも違和感なく、振り抜きが良くなったのです。

私の悩みもすぐに解消してしまいました。

”良いスイング”の為には、
ゴルフクラブの回転したがる特性を良く理解し、

それを生かす身体の使い方をする必要がある、
と森プロは絶えず言っています。

トップからダウンに向けて、
骨盤を右回転するように移動させながら、

右懐を広くし、正しいグリップの仕方で右腕前腕を回内させ、
ヘッドターンインパクト。

貴方もやってみて下さい。
プロの様なインパクトフォームに、

方向性の良いショットが生まれるはずですよ。

—–<リアルスタイル川手・紹介動画>—–