44 【森守洋プロ】クラブの特性・クラブの使い方が分かれば、ゴルフは上達する。

ドラコン飛ばし屋塾の大津です。

シリーズ第4弾DVDでは、
一連の「永久不変のゴルフ理論」の内容で、

解りにくかった点や、
スイングドリルを実際のスイングに生かす方法など、

アベレージゴルファーのレッスンを通じて、
ゴルフの基本の動作の仕方が更に具体的に説明されています。

森プロが一貫して言っていることは、
【クラブの特性】・【クラブの使い方】が分かれば、

ゴルフは上達する、という事です。

ゴルフの知識の無い幼子は、
腕に力も入れず、ヘッドが動くままにクラブを振り、

身体でクラブの使い方を覚えてしまう。

それに比べ間違った知識や、
先入観や勘違いをしている大人は、

間違った知識のまま、両腕でしっかりクラブを握って、
ある時には飛ばそうと、力まかせにスイングする。

クラブの本来持っている特性を理解せず、
間違ったクラブの使い方、間違った身体の動かし方をしている限り、

上達はあり得ませんよ、と言います。

ゴルフクラブに回転したがる特性があるにも拘らず、
フェース面をターゲット方向へスクウェアに保ちながらショットすれば、

「真っ直ぐ飛ぶ」と勘違いしている。

フェース面がターゲット方向にスクウェアであるという事が、
クラブが開いている状況にある、ということが理解できていないと言います。

つまりクラブの特性が分かっていない。

ゴルフスイングは円運動で、
クラブを振ればヘッドは開いたり閉じたりしています。

ゴルフクラブの一番の特性は、
ヘッドが回りたがる、という事。

円運動で自然に下りてきたヘッドは、
所謂インパクトゾーンで瞬時にヘッドが返ります。

その特性を生かしてボールを捕らえなければ、
方向性良くボールを飛ばすことは難しい、と森プロ。

例えば何故ダフルのか…。

それはクラブヘッドのフェース面を、
ターゲット方向にスクウェアに保とうとするから。

クラブの重心は、
クラブヘッドの後ろ側
にあり、後ろ側が重い。

その後ろ側が重い状態を維持したままスイングすると、
重い方は下に落ちたがります

落ちた結果がダフリです。

落ちないようなクラブの使い方をすれば、
ダフリは出ません。

そのためにはヘッドがターンをするという特性を生かし、
重心を前方方向へ移動させる。

するとボールを捕らえた後、
前方が重くなるのでターフを取る動きになりますね。

だからダフらない。

森プロの説明で良く分かりますね。

これはこのシリーズの内容の一例ですが、
スイングにおけるミスの原因は、

クラブの特性や身体の使い方を知らないことによるもので、
それを知ればミスは軽減され、練習次第でゴルフは上達しますよ、と。

クラブの特性を理解し、
”良いショット”をするためのクラブの使い方、

身体の使い方が分かるのが、
この「永久不変のゴルフ理論」シリーズの内容なのですね。

今も昔も変わることのない
”スイングの基本の動作”を知ることによって、

自ずとスライスやフック、
トップやダフリは出なくなり、

飛ばなかったボールが飛ぶようになる。

それらの問題を解決するするために、
第4弾DVDでは、

振り抜きの良いスイングのできるグリップの仕方やアドレスの取り方、
スイング中の両腕の使い方や体の動かし方などを、

モデルさんのレッスンを通じて詳しく説明されています。

そしてモデルさんが、
良いショットの出来るスイングへ変化するのを見ることが出来ます。

併せて”良いスイング”が出来る練習ドリルと実践への生かし方も、
分かりやすく指導されています。

先ほどのトップやダフリの出る理論や出ないクラブの使い方は勿論、
鞭のようにクラブを使う方法、

テークバックやダウンスイングのポイント、

ダウンスイングでの骨盤移動の仕方や、
安定したスイングのための身体の動かし方、

身体の開きを抑え、スライスや引っかけの出ない、
方向性の上がる身体の動かし方などなど、

ゴルフクラブの特性やスイングの基本的な動作を再度確認しながら、
アベレージゴルファーが抱えている悩みを即座に解消。

”良いスイング”が出来ていきます。

森プロの言う”良いスイング”とは、

ヘッドターンによって、
インパクトゾーンでリーディングエッジが長い範囲で地面をなぞり、

トップもダフリもなく、方向性も安定し、
飛距離も期待できるダウンブロースイングのことです。

ヘッドをボールに合わせにいくスイングではなく、
スイングすればヘッドがボールをクリーンに捕えているスイング。

クラブの特性を正しく知り、
その特性を生かすための、正しい身体の使い方を身に付ければ、
”良いスイング”が出来るのが分かると思います。

ゴルフが上達していくと、
ゴルフがどんどん楽しくなりますね。