48【森守洋プロ】インパクトゾーンでスクエアなフェースとは?

前回、前々回の投稿で、

「フェースはトゥ側から回りたがっている。」

「フェースターンの有無の違いによるインパクトゾーンの違い。」

この2点を確認していただきましたが、

まだまだ、森プロは

インパクトゾーンでフェースをスクエアに扱う勘違いが多いと、
念を押して解説しています。

・フェースは固定せずに閉じる動きでローテーション

・フェースターンでインパクトゾーンを長くできる

・インパクトゾーンが長くなることにより、
 ボールをフェースの芯でとらえられる確率が上がる。

これらのことはもうとっくに理解されていると思いますが、
アドレスをとると、目から入る情報により、

フェースをスクエアに扱う罠があると森プロは教えてくれました。

今回はアドレスした目線から、
フェースをスクエアに扱う
とはどういうことか?

ターゲットに対してフェースを向けて振りぬくと、
ボールはまっすぐ飛ぶとスイングしている場合は、

すでに目線に罠にはまってしまっています。

動画でスイングプレーンに対して、
フェースがスクエアな状態を紹介しているので確認してください。

banner1