72【森守洋プロ】体を回すのではなく、積極的に腕を振る【永久不変のゴルフ理論】

森プロが解説する、
上級者とアベレージゴルファーの、

動作の違い。

腕、手首などの手関節を固定して、
フェースをボールに合わせているのが、

アマチュアゴルファー。

ボールを叩くように、
腕を積極的に振っている
のが、

上級者のスイング。

もっと飛ばしたい、
強い球を打ちたいときも、

体を回すスピードを上げようと、
するのではなく、

腕を振る!

ボールに合わせている人、
ボールを叩いている人の、

動作の違いは一目瞭然で、
叩く動作のほうが、

クラブの特性に合った動作である。
ということも、

クラブの特性を知ることで、
わかってきます。

クラブの特性に合った動作ということは、
インパクトゾーンが長くなり、

的確にボールをとらえる確率が、
各段に上がる。

体を回す意識を捨てて、
腕を振りましょう。

第1弾より映像抜粋