74【森守洋プロ】クラブの重心を知れば飛距離が伸びる【永久不変のゴルフ理論】

飛ばそう飛ばそうと
力いっぱい振っても、

なかなか思うように飛距離は伸びない。

野球のバットやテニスラケットのように、
ゴルフクラブを振っていませんか?

バットやラケットのように、
ゴルフクラブも、

ボールを打つための道具ですが、
ゴルフクラブは少し形状が違いますね。

それは、

グリップの延長線上に、
ボールをとらえるポイントがないということ。

シャフトの延長線上に、
フェースの芯はありません。

そのため重心線がズレている。
それこそが、クラブの特性なのです。

重心線がズレているから、
バットやラケットとは、

違う扱い方になります。

ゴルフクラブは重心線がズレていることで、
フェースが回りたがっているのです。

しかし、
ボールにフェースをスクエアに当てて、

まっすぐ飛ばしたいと意識していると、
クラブが回りたがっている特性を、

使えていないので、
振っているわりに飛ばない…。

という結果になってしまいます。

森プロが解説する、
クラブの特性を確認してみてください。

第1弾から映像抜粋