79【森守洋プロ】リリースの意識を変えれば、手関節の稼働率が上がりより強い弾道で飛ぶ【永久不変のゴルフ理論】

いい感じに芯でインパクトした!
という手ごたえを感じても、

弾道はスライス…

「体が開いたね~」
というような指摘が飛んでくる。

このようなやり取りは、
よくある光景かもしれません。

体の回転で飛ばそうとしているのか、
飛ばしたい意識で体が先行して、

クラブが遅れているのか。

原因は様々で、

体が開かないために、
クローズスタンスにしたり、

フルショットを捨てて、
7割くらいの力でスイングしたりと、

体が開かないための対策も様々です。

コースに出たりすると、
ターゲット(飛ばしたい場所)が気になって、

余計に体が開きやすい動作が、
誘発される場合もあります。

そこで、
エネルギーを出す「意識」を変えてみる。

ターゲット方向にエネルギーを出そうとすると、
体は開きやすい横回転になる。

エネルギーを出す方向を、
ボールがある下方向に向けることで、

体は開きにくく、
ボールにスイングのエネルギーを、

ロスが少なくぶつけることができるので、
体の回転で飛ばすよりも、

強い弾道に変わってきます。

その際、フォローはどのようにするの?
という疑問も生まれてくると思いますが、

クラブヘッドに引っ張られ、
自然と体は回転していきます。

意識を変えるだけで、
体の使い方が変わってくるのです。

クラブを振らずに、
体の使い方を変えられるドリルを紹介しています。

是非参考にしてみてください。