73【森守洋プロ】上級者のようなスイングになるシンプルな思考【永久不変のゴルフ理論】

誰でもミスショットはしたくありません。

フェースの芯でインパクトできるか…
という不安から、

インパクト前に、
スイングを減速してしまう。

グリーン周りからの、
カップに寄せたいアプローチ。

丁寧に打とうという意識から、
フェース面を固定して、

ボールとフェースを合わせるように、
打ち出している。

このようなショットは
正しい動作の正反対の動きをしていると、

お気づきですか?

・右足体重
・アーリーリリース
・フリップ

ボールに合わせるような意識があるだけで、
上記のような体の使い方になってしまいます。

ではどのような意識でショットするべきか。

ボールを叩く意識に変えましょう。

そんなに違うのか?

と思われるかもしれませんが、
動作はスイング動作は大きく変わります。

動画で見るのがわかりやすいので、
確認してみてください。

第1弾から映像抜粋



72【森守洋プロ】体を回すのではなく、積極的に腕を振る【永久不変のゴルフ理論】

森プロが解説する、
上級者とアベレージゴルファーの、

動作の違い。

腕、手首などの手関節を固定して、
フェースをボールに合わせているのが、

アマチュアゴルファー。

ボールを叩くように、
腕を積極的に振っている
のが、

上級者のスイング。

もっと飛ばしたい、
強い球を打ちたいときも、

体を回すスピードを上げようと、
するのではなく、

腕を振る!

ボールに合わせている人、
ボールを叩いている人の、

動作の違いは一目瞭然で、
叩く動作のほうが、

クラブの特性に合った動作である。
ということも、

クラブの特性を知ることで、
わかってきます。

クラブの特性に合った動作ということは、
インパクトゾーンが長くなり、

的確にボールをとらえる確率が、
各段に上がる。

体を回す意識を捨てて、
腕を振りましょう。

第1弾より映像抜粋



71【森守洋プロ】下半身の爆発力を出す動き【永久不変のゴルフ理論】

女子プロ選手によくみられる、
インパクトで地面から、

一瞬、足が浮き上がるような動き。

しっかり地面を蹴って、
力を出している証拠です。

地面を蹴るとなると、
かかとをはがして、

ターゲット方向に蹴りだすような、
下半身の使い方をされる方もいてますが、

地面を蹴るエネルギーが、
上手く伝わりません。

動作では静かに見えるほうが、
地面に力を効率よく伝えて、

伸びあがるような動作に表れているのです。

動画を参考にしてお試しください。

下半身からボールに伝わる力も増して、
飛距離アップもできますよ。

第3弾より映像抜粋



70【森守洋プロ】重心移動は下半身だけで完結しない【永久不変のゴルフ理論】

スイング動作を速くしたり、
より大きいパワーを出すために、

重心移動しながらスイングする。

主に、下半身の動かし方、
足の踏み込み方などで説明されますが、

下半身で重心移動できたとしても、
胸郭が動かないままでは、

ターゲットに対して後ろ側に、
体重が残ってしまい、

体が上下に動きやすくなり、
ダフリトップのミスが出る。

思ったように強い球が打てない。

といった悩みが消えません。

重心移動をコントロールできるようになれば、
スイングのパワーが増すだけでなく、

クラブコントロールに頼らずに、
低い球、高い球の打ち分けが出来るようになる。

上級者が安定したスイングを変えずに、
球筋をコントロールできるのも納得できます。

体の使い方を知れば、
ショットの幅を広げてくれます。

第3弾より映像抜粋



69【森守洋プロ】飛ばすための体の使い方【永久不変のゴルフ理論】

「体開いているよ~」

と、アドバイスをもらうことがありますが、

なぜ、開いてはいけないのか…

インパクトでフェースも開くから?

ボールにサイドスピンの量が増えるから?

フェースが開いてサイドスピンだと、スライスになるから?

実際に、スライスの球筋を見て、
体が開いたのかなと推測する人は多いですよね。

しかし、フィニッシュの状態はどうでしょうか。

体はターゲット方向に向いている。
ということは開いている。

最終的には体は開くのです。

なぜ、体が開かないようにスイングするのか…

答えは、

スライスさせないためではなく、
エネルギーロスさせないためです。

どこまで体が開かない使い方をして、
スイングのエネルギーをボールに伝えるのか。

そのための体の使い方で重要なのはどこなのか。

森プロの解説動画で確認してください。

エネルギーロスしない、
体の使い方ができるようになります。



68【森守洋プロ】バンカーでやるべきことが明確になる【永久不変のゴルフ理論】

バンカーはオープンスタンスで、
フェースを開いて、

ボールの3センチ手前に打ち込む!

バンカーの打ち方でよく聞くアドバイスですが、
これはスイングのアドバイスではなく、

ヘッドの落としどころの話になっていますね。

ボールの3センチ手前にヘッドを落としても、
必ずバンカーの外に飛んでいくとも限りません。

スイングのアドバイスは一切ないので、
結果が悪くても改善点がよくわかりません。

しかし森プロが解説する、
クラブの特性からスイングを学ぶことで、

ミスショットの際に何が起きているのか。
はっきり知ることができます。

同時に、
上級者はどのように打っているのかも、
知ることができます。

芝の上でも、バンカーでもスイングは同じ。

動画で注意点を確認してみてください。



67【森守洋プロ】FWのスイングは特別難しくない【永久不変のゴルフ理論】

アイアンという道具の使い方について、
本サイトで多くの記事でお伝えしてきました。

先日は、ドライバーの使い方についても
公開しました。

ですので、

FWの使い方

は、
もうお分かりですね。

FWはドライバーの次に距離が出るクラブです。

このクラブを得意クラブにすることで、
距離を稼ぎたい場面で活躍してくれるのは、

目に見えています。

ロングホールでバーディチャンスが
増えてくる。

ドライバーのミスをリカバリーできる。

ショートウッドにも応用できる。

いろんな可能性が広がりますが、
FWが苦手という声をよく聞きます。

・単純にクラブが長いから?

・ティーアップされていないから?

・はらい打つ?打ち込む?

いろいろな状況や情報に悩まされますが、
クラブの特性に注目することで、

やるべきこと、正解が明確になります。

本日公開の動画で確かめてください。



66【森守洋プロ】飛ばないのは体と腕がズレているから【永久不変のゴルフ理論】

「手打ち」スイングだね。

と言われると、

プラスに受け取りますか、
それともマイナスに受け取りますか。

一般的に「手打ち」という言葉に対して、
良いスイングというイメージは浮かびにくい。

「手打ち」の対義語として
「ボディターン」がありますが

森プロは
体を回すスイングより、

積極的に腕を振るスイング

を推奨しています。

体と腕の関係がどのようになっていれば、
「手打ち」と言われてしまうのか。

体よりも腕を使っている印象が強ければ手打ち…

体と腕が同時に回っていなければ手打ち…

腕の力だけで振るようなスイングなら手打ち…

要は腕の使い方に違和感を感じたら手打ちなのか…

手打ちの定義

があいまいなら、
自分自身のスイングは手打ちなのかも判断できません。

森プロが解説する手打ちの定義で、
ボールを打つための、

体と腕の使い方がズレていないか確認してください。



65【森守洋プロ】理想的なヘッドの軌道【永久不変のゴルフ理論】

森プロのフェースローテーションに
アイアンから取り組んで、

ドライバーも同じスイングでいいのか?

と、疑問に思いながら、
試されたことだと思います。

アイアンの理想的なヘッドの軌道は、
すでに過去の動画で紹介させていただいているので、

本日はドライバーのヘッドの、
理想的な軌道を紹介させていただきます。

・ドライバーの打感が悪い
・インパクトがバラバラ
・飛距離が出ない

このような症状がある場合は、
必ず確認してください。



64【森守洋プロ】長いクラブの攻略方法【永久不変のゴルフ理論】

思い通りに打てる、ドライバーの技術

100ヤード以内のショートアイアンは、
得意なクラブと言えるほど、

自信がある。

しかし、
ドライバーとなると、

長いクラブを扱うということに、
苦手意識がある。

苦手意識があるから飛距離も出ない。

このような悩みは、
ドライバーの使い方に原因があり、

原因さえわかれば、
ドライバーもアイアンも同じ感覚で振れる。

その結果、
ドライバーの飛距離が変わってきます。

思いどおりに打てるドライバーの技術を公開します。

「どうすれば、FWが上手に打てるのか?」

ロングアイアンや、

FWなどのクラブに苦手意識があると、

ロングホールのセカンドや、

長めのショートホールが難しく感じる。

しかし、

苦手意識がなくなると、

長めのコースに対する戦略が、

一気に楽になります。

短期間で長いクラブに対する意識を変えるには、

苦手意識のないアイアンと同じ感覚で振れること。

どのクラブでも、

同じ感覚で振れるために、

こちらの動画を確認してみてください。

FW、ロングアイアンに強くなる!

アイアンの使い方は、
すでに知っている。

しかし、
アイアンで実践してきたことを、

ドライバーで試そうとすると違和感がわいてくる。

そんな時は以下の動画を見てください。

長いクラブが苦手、

飛距離で攻めたいとこだが、苦手意識でFWを持つ勇気が出ない、

ドライバーとアイアンが同じように振れない…

といった声を反映して制作。

全てのクラブの使い方の共通概念で、
番手を変えても、気持ちよく振りぬき、
飛ばすことができるスイングを身につけるには、

今回のDVDをお勧めします。

2018年1月25日(木) 18時リリース
森守洋の「永久不変のゴルフ理論」
~スイング動作の仕組みと番手別の体の使い方応用編~