53【森守洋プロ】小さい力で大きな飛距離を生み出す「テコ動作解説」【永久不変のゴルフ理論】

ゴルフはクラブという道具を扱うスポーツです。

 

クラブを上手に扱うことができれば、
ミスショットは少なくなります。

 

クラブの特性を効率よく使うことができれば、
飛距離アップも可能です。

 

しかし、アベレージゴルファーは、
クラブを使うときに「テコ原理」がない。

と、森プロは解説しているのですが、
「テコ原理」??

ゴルフでは聞きなれないですが、
ご存知の「テコ原理」です。

小さい力で重たいものを動かしたりできる、
支点・力点・作用点の関係です。

どこに「テコ原理」使うの?
となってしまいますが、

テイクバック、コック、ダウンスイングと
インパクトまでに3回も登場します。

先ほどアベレージゴルファーは、
「テコ原理」を使ってスイングしていないと書きましたが、

トッププロや上級者は、
「テコ原理」を使えているのです。

 

小さい力で大きな力を生み出す。

 

それが飛距離につながり、大きく
ダイナミックなスイングアークになります。

「テコ原理」と言われても…
イメージしにくいと思いますので

今回も動画を用意していますよ。
コチラから確認してみてください。

banner1



52【森守洋プロ】最適なグリッププレッシャーの見つけ方【永久不変のゴルフ理論】

「良いスイングの条件」として

低くて長いインパクトゾーンのヘッドの動きや、
間違い勘違いなどを公開してきましたが、

スイングをするうえで、
グリッププレッシャーを間違えると、

長いインパクトゾーンを作るスイングは、
できなくなってしまいます。

握りが強いとクラブは動きにくくなり、
緩すぎると手元が不安になります。

しかしグリップは緩く握るという表現が多いので、
どのくらいの力加減がいいのか迷ってしまい、

結局、確信が持てないままの力加減になっていませんか?

DVD撮影時に森プロが、

握力60kgある人が緩く握るのと、
握力15kgくらいの人が緩く握るのとでは、

「緩く握る」というのは感覚表現で、
わかりにくいですね。

という解説を聞いて深く納得しました。

今回の動画は、

「最適なグリッププレッシャーの見つけ方」

低くて長いインパクトゾーンを実現するには、
グリッププレッシャーも重要です。

banner1



51【森守洋プロ】正拳突きの動作で全身連動したスイングを習得できる【永久不変のゴルフ理論】

森プロお勧めの、
体の使い方を体感する「正拳突き」ドリル

「正拳突き」の動きって
どうやって導入するの?

ゴルフスイングでは、両手でグリップを握るのに対して、
そもそも、左右の手をバラバラに使っているし、

スイングに取り入れようとしても、
上手くいかないんだよ…

という声を聞かせていただくことがあります。

その辺りの「試してみたけどうまくいかなかった」
という問題について、

どのようにスイングに取り入れるのか…

ちょっとマニアックですが、
この感覚が掴めるようになると

バックスイングでは左手を伸ばすのか…

トップオブスイングの位置…

トップでのヘッドポジション…

様々な問題をスッキリさせてくれると思います。

banner1



50【森守洋プロ】引っ掛けの原因【TOP2】

フェースターンに取り組むと、
引っ掛けが多くなった。

このように悩むゴルファーが少なくありません。

しかし、引っ掛けが出るクラブの使い方は、
間違っていないと森プロは教えてくれました。

なぜ、引っ掛けが出るのか…

実は、フェースターンが原因ではなく、
フェースターン以外の部分にあったのです。

答えはコチラの動画で確認できますよ。
↓ ↓ ↓ ↓

banner1



49【しゃくり打ち】15ヤード以内のアプローチで左手首の折れ。

=====================
小技系のフェースターンですが、
練習場のマットでは完ぺきなのですが、芝の上では
ザックリかきっちり当たっててもショートになります。

ヘッドアップはしてないのですが…
ダウンスイングからインパクトで
ヘッド先行させて打ってから身体を廻すイメージなんですが…

インパクトで手首が折れてしゃくり打ちになると
トップしますよね。
左手首が折れないようにと意識していますがうまくいきません。
=====================

先日、森守洋のDVDをご覧になっている
お客様より、お電話でこのような
お問い合わせをいただきました。

短いアプローチが左右にはずれると悩んでいる
ゴルファーは多いです。

ピンが目の前にあるのに15ヤード以内のアプローチで
左右にはずれて長いパットが残ってしまう。

もうちょっとでパーなのに…
もうちょっとでバーディも狙えたのに…

短いアプローチの左右のズレを防止できると
一気にスコアアップがまとまりますよね。

特にミドルでパーオンしない人にとっては
ぜひグリーン周りを解決することで
一気に寄せワンが増えます。

ということで肘下の旋回について
「左手首が折れず、右腕の旋回について」の技術を
を誤解が多いようなので、森プロに解説していただきました。

できる、できないに関わらず、
正しい知識として取り入れたい方も必見ですよ。

banner1



48【森守洋プロ】インパクトゾーンでスクエアなフェースとは?

前回、前々回の投稿で、

「フェースはトゥ側から回りたがっている。」

「フェースターンの有無の違いによるインパクトゾーンの違い。」

この2点を確認していただきましたが、

まだまだ、森プロは

インパクトゾーンでフェースをスクエアに扱う勘違いが多いと、
念を押して解説しています。

・フェースは固定せずに閉じる動きでローテーション

・フェースターンでインパクトゾーンを長くできる

・インパクトゾーンが長くなることにより、
 ボールをフェースの芯でとらえられる確率が上がる。

これらのことはもうとっくに理解されていると思いますが、
アドレスをとると、目から入る情報により、

フェースをスクエアに扱う罠があると森プロは教えてくれました。

今回はアドレスした目線から、
フェースをスクエアに扱う
とはどういうことか?

ターゲットに対してフェースを向けて振りぬくと、
ボールはまっすぐ飛ぶとスイングしている場合は、

すでに目線に罠にはまってしまっています。

動画でスイングプレーンに対して、
フェースがスクエアな状態を紹介しているので確認してください。

banner1



47【森守洋プロ】フェースターン有無によるインパクトゾーンの違い

ゴルフクラブの特性は、
前回の投稿でもお伝えしましたが、

クラブと特性をいかしたスイングと、
そうではないスイングはどのような違いとなって表れるのか?

答えはインパクトゾーンの長さに表れます。

想像してみてください。

インパクトゾーンの短いスイングと、
インパクトゾーンの長いスイング。

どちらがフェースの芯でボールをとらえる確率が高いでしょうか?

簡単すぎる質問でしたね。

インパクトゾーンの長いスイングのほうが、
フェースの芯をくう確率が各段に上がります。

フェースの芯をくったときの打感や音の心地よさとともに、
ボールが飛び出す気持ちよさは、すでに体感したことがあるはずです。

その再現性を上げるためにも、
長いインパクトゾーンは必須ですね。

長いインパクトゾーンを作り出すフェースターン。
動画で確認してください。

banner1



46【森守洋プロ】フェースの形状から探るゴルフクラブの「正しい扱い方」

クラブフェースにはどのような特徴がありますか?

クラブフェースの形について考えたことがありますか?

森プロは問いかけます。

クラブフェースの形から道具の特性を読み解くことができます。

なぜ、アイアンはトゥ側のほうが広いのか…

なぜこのように、森プロが問いかけるかというと、

クラブの特性を理解すれば、
クラブの正しい扱い方ができるからです。

正しい扱い方というのは、
クラブの特性を効率よく使えるということ。

今の体格、パワーでも
飛距離アップや力強い弾道を可能にできるということです

今回用意した動画で、
クラブの特性を理解していただき、

正しい扱い方でスイングしてみてください。

今までと同じような力でスイングしても、
クラブの特性を利用することで飛距離が変わってきますよ!

banner1



45【森守洋プロ】正拳突きドリルとスイング

永久不変のゴルフ理論では、
【正拳突き】の動作がよく登場します。

押し手、引き手の関係や、胸郭の動き、
腰の切りあがりや、肘下の旋回など、

スイングに取り入れるべき動作が多いです。

しかし、正拳突きの動作がスイングにリンクしない。

という悩みをいただくこともあります。

今回は、
正拳突きとスイングがどのようにリンクしているのか。

森プロの解説動画で紹介します。

 

 

永久不変のゴルフ理論第5弾
2017年11月7日リリース



44 【森守洋プロ】クラブの特性・クラブの使い方が分かれば、ゴルフは上達する。

ドラコン飛ばし屋塾の大津です。

シリーズ第4弾DVDでは、
一連の「永久不変のゴルフ理論」の内容で、

解りにくかった点や、
スイングドリルを実際のスイングに生かす方法など、

アベレージゴルファーのレッスンを通じて、
ゴルフの基本の動作の仕方が更に具体的に説明されています。

森プロが一貫して言っていることは、
【クラブの特性】・【クラブの使い方】が分かれば、

ゴルフは上達する、という事です。

ゴルフの知識の無い幼子は、
腕に力も入れず、ヘッドが動くままにクラブを振り、

身体でクラブの使い方を覚えてしまう。

それに比べ間違った知識や、
先入観や勘違いをしている大人は、

間違った知識のまま、両腕でしっかりクラブを握って、
ある時には飛ばそうと、力まかせにスイングする。

クラブの本来持っている特性を理解せず、
間違ったクラブの使い方、間違った身体の動かし方をしている限り、

上達はあり得ませんよ、と言います。

ゴルフクラブに回転したがる特性があるにも拘らず、
フェース面をターゲット方向へスクウェアに保ちながらショットすれば、

「真っ直ぐ飛ぶ」と勘違いしている。

フェース面がターゲット方向にスクウェアであるという事が、
クラブが開いている状況にある、ということが理解できていないと言います。

つまりクラブの特性が分かっていない。

ゴルフスイングは円運動で、
クラブを振ればヘッドは開いたり閉じたりしています。

ゴルフクラブの一番の特性は、
ヘッドが回りたがる、という事。

円運動で自然に下りてきたヘッドは、
所謂インパクトゾーンで瞬時にヘッドが返ります。

その特性を生かしてボールを捕らえなければ、
方向性良くボールを飛ばすことは難しい、と森プロ。

例えば何故ダフルのか…。

それはクラブヘッドのフェース面を、
ターゲット方向にスクウェアに保とうとするから。

クラブの重心は、
クラブヘッドの後ろ側
にあり、後ろ側が重い。

その後ろ側が重い状態を維持したままスイングすると、
重い方は下に落ちたがります

落ちた結果がダフリです。

落ちないようなクラブの使い方をすれば、
ダフリは出ません。

そのためにはヘッドがターンをするという特性を生かし、
重心を前方方向へ移動させる。

するとボールを捕らえた後、
前方が重くなるのでターフを取る動きになりますね。

だからダフらない。

森プロの説明で良く分かりますね。

これはこのシリーズの内容の一例ですが、
スイングにおけるミスの原因は、

クラブの特性や身体の使い方を知らないことによるもので、
それを知ればミスは軽減され、練習次第でゴルフは上達しますよ、と。

クラブの特性を理解し、
”良いショット”をするためのクラブの使い方、

身体の使い方が分かるのが、
この「永久不変のゴルフ理論」シリーズの内容なのですね。

今も昔も変わることのない
”スイングの基本の動作”を知ることによって、

自ずとスライスやフック、
トップやダフリは出なくなり、

飛ばなかったボールが飛ぶようになる。

それらの問題を解決するするために、
第4弾DVDでは、

振り抜きの良いスイングのできるグリップの仕方やアドレスの取り方、
スイング中の両腕の使い方や体の動かし方などを、

モデルさんのレッスンを通じて詳しく説明されています。

そしてモデルさんが、
良いショットの出来るスイングへ変化するのを見ることが出来ます。

併せて”良いスイング”が出来る練習ドリルと実践への生かし方も、
分かりやすく指導されています。

先ほどのトップやダフリの出る理論や出ないクラブの使い方は勿論、
鞭のようにクラブを使う方法、

テークバックやダウンスイングのポイント、

ダウンスイングでの骨盤移動の仕方や、
安定したスイングのための身体の動かし方、

身体の開きを抑え、スライスや引っかけの出ない、
方向性の上がる身体の動かし方などなど、

ゴルフクラブの特性やスイングの基本的な動作を再度確認しながら、
アベレージゴルファーが抱えている悩みを即座に解消。

”良いスイング”が出来ていきます。

森プロの言う”良いスイング”とは、

ヘッドターンによって、
インパクトゾーンでリーディングエッジが長い範囲で地面をなぞり、

トップもダフリもなく、方向性も安定し、
飛距離も期待できるダウンブロースイングのことです。

ヘッドをボールに合わせにいくスイングではなく、
スイングすればヘッドがボールをクリーンに捕えているスイング。

クラブの特性を正しく知り、
その特性を生かすための、正しい身体の使い方を身に付ければ、
”良いスイング”が出来るのが分かると思います。

ゴルフが上達していくと、
ゴルフがどんどん楽しくなりますね。