54【森守洋プロ】左右に出球が荒れるミスの修正法【永久不変のゴルフ理論】

スイングの最終ゴールは、
フェースローテーション習得だけではありません。

正しいフェースローテーションが出来てくると、
ダフリトップというミスは、

長いインパクトゾーンが作れることで、
激減してきますが、

左右に出球が荒れるミスとは、
別問題なのです。

なぜなら、左右へのミスは、
クラブの扱い方でなく、

骨盤の使い方になります。

どれだけ上半身でクラブを上手く扱っても、
上半身が乗っている土台、

つまり、骨盤の動きが悪ければ、
上半身にまで影響が出てしまいます。

主なミスは、
体が開く、骨盤が浮いて水平回転になること。

しかし、
下半身で重心移動して、

骨盤を回さないことには、
最大飛距離を出したり、

パワフルなショットはできません。

そこで、森プロは、
切り返しで骨盤が開かず重心移動できる

体の使い方を公開してくれました。

フェースローテーションの次の課題へ
飛び込んでみてください。

早速動画で確認
 ↓ ↓ ↓ ↓

banner1



51【森守洋プロ】正拳突きの動作で全身連動したスイングを習得できる【永久不変のゴルフ理論】

森プロお勧めの、
体の使い方を体感する「正拳突き」ドリル

「正拳突き」の動きって
どうやって導入するの?

ゴルフスイングでは、両手でグリップを握るのに対して、
そもそも、左右の手をバラバラに使っているし、

スイングに取り入れようとしても、
上手くいかないんだよ…

という声を聞かせていただくことがあります。

その辺りの「試してみたけどうまくいかなかった」
という問題について、

どのようにスイングに取り入れるのか…

ちょっとマニアックですが、
この感覚が掴めるようになると

バックスイングでは左手を伸ばすのか…

トップオブスイングの位置…

トップでのヘッドポジション…

様々な問題をスッキリさせてくれると思います。

banner1



50【森守洋プロ】引っ掛けの原因【TOP2】

フェースターンに取り組むと、
引っ掛けが多くなった。

このように悩むゴルファーが少なくありません。

しかし、引っ掛けが出るクラブの使い方は、
間違っていないと森プロは教えてくれました。

なぜ、引っ掛けが出るのか…

実は、フェースターンが原因ではなく、
フェースターン以外の部分にあったのです。

答えはコチラの動画で確認できますよ。
↓ ↓ ↓ ↓

banner1



49【しゃくり打ち】15ヤード以内のアプローチで左手首の折れ。

=====================
小技系のフェースターンですが、
練習場のマットでは完ぺきなのですが、芝の上では
ザックリかきっちり当たっててもショートになります。

ヘッドアップはしてないのですが…
ダウンスイングからインパクトで
ヘッド先行させて打ってから身体を廻すイメージなんですが…

インパクトで手首が折れてしゃくり打ちになると
トップしますよね。
左手首が折れないようにと意識していますがうまくいきません。
=====================

先日、森守洋のDVDをご覧になっている
お客様より、お電話でこのような
お問い合わせをいただきました。

短いアプローチが左右にはずれると悩んでいる
ゴルファーは多いです。

ピンが目の前にあるのに15ヤード以内のアプローチで
左右にはずれて長いパットが残ってしまう。

もうちょっとでパーなのに…
もうちょっとでバーディも狙えたのに…

短いアプローチの左右のズレを防止できると
一気にスコアアップがまとまりますよね。

特にミドルでパーオンしない人にとっては
ぜひグリーン周りを解決することで
一気に寄せワンが増えます。

ということで肘下の旋回について
「左手首が折れず、右腕の旋回について」の技術を
を誤解が多いようなので、森プロに解説していただきました。

できる、できないに関わらず、
正しい知識として取り入れたい方も必見ですよ。

banner1



48【森守洋プロ】インパクトゾーンでスクエアなフェースとは?

前回、前々回の投稿で、

「フェースはトゥ側から回りたがっている。」

「フェースターンの有無の違いによるインパクトゾーンの違い。」

この2点を確認していただきましたが、

まだまだ、森プロは

インパクトゾーンでフェースをスクエアに扱う勘違いが多いと、
念を押して解説しています。

・フェースは固定せずに閉じる動きでローテーション

・フェースターンでインパクトゾーンを長くできる

・インパクトゾーンが長くなることにより、
 ボールをフェースの芯でとらえられる確率が上がる。

これらのことはもうとっくに理解されていると思いますが、
アドレスをとると、目から入る情報により、

フェースをスクエアに扱う罠があると森プロは教えてくれました。

今回はアドレスした目線から、
フェースをスクエアに扱う
とはどういうことか?

ターゲットに対してフェースを向けて振りぬくと、
ボールはまっすぐ飛ぶとスイングしている場合は、

すでに目線に罠にはまってしまっています。

動画でスイングプレーンに対して、
フェースがスクエアな状態を紹介しているので確認してください。

banner1



47【森守洋プロ】フェースターン有無によるインパクトゾーンの違い

ゴルフクラブの特性は、
前回の投稿でもお伝えしましたが、

クラブと特性をいかしたスイングと、
そうではないスイングはどのような違いとなって表れるのか?

答えはインパクトゾーンの長さに表れます。

想像してみてください。

インパクトゾーンの短いスイングと、
インパクトゾーンの長いスイング。

どちらがフェースの芯でボールをとらえる確率が高いでしょうか?

簡単すぎる質問でしたね。

インパクトゾーンの長いスイングのほうが、
フェースの芯をくう確率が各段に上がります。

フェースの芯をくったときの打感や音の心地よさとともに、
ボールが飛び出す気持ちよさは、すでに体感したことがあるはずです。

その再現性を上げるためにも、
長いインパクトゾーンは必須ですね。

長いインパクトゾーンを作り出すフェースターン。
動画で確認してください。

banner1



30【安定したアドレスのつくり方】

ドラコン飛ばし屋塾の大津です。

体のどこを、どのように使えば、
より効率的なエネルギーを生み、

そのエネルギーをどのように使えば、
良いスイングに反映させることが出来るのか、

大変興味深い話です。

良いスイングの為にはまずアドレスが重要ですが、
アドレスをする上で何を気を付けていますか?

スタンス、向き、前傾角度…などなどありますが、

一番大切なのは力みがなく、
ぐらつかないで安定したアドレス。

その為にはどうしたら良いのか?

効率的な体の使い方、力の配分の仕方、
捻転のさせ方、重心移動のさせ方など、

分かりやすく具体的に説明されています。

森プロは、意図したボールをターゲットに運ぶ準備がアドレスだと言います。

確かにアドレスはショット前の準備ではあるのですが、
力みや緊張感が現れたアドレス、

ショットへの不安を抱いたアドレスになってしまいがちですが、


体の使い方、あるべき体の状況など初めて知る内容でした。

アドレス時の足の向きについても、USPGAの教則本には、

右足はターゲットに対し90度、
左足は30度程度開いた方が良いとされているそうですが、

人それぞれ骨格は異なるので、
こだわる必要はなく、

自分に合ったアドレスの取り方など、
基本的な身体の使い方も収録されています。

難しそうな内容でもわかりやすく、
大変有益な内容となっています。

基本をより詳細に知ることが出来て、
スイングがより良くなるかと思うと、行く先が楽しみになって来ます。

3dvd



【動画】26森守洋プロ口コミDVD~タメの正体

From リアルスタイル
森プロ専属ライター 「正拳突きの卓」より

golf_mans
Disc7では、実際に良いスイングを
するための腕の使い方、重心の移動の仕方

下半身の使い方を中心にレッスンが進みます。

敢えてレッスンと言わせて頂くのは、森プロの動きを見ながら
実際クラブを手にして其々の動きを確認することが出来るからです。

森プロは何度も同じ動きを繰り返しながら
説明が具体的なので、理解度も深くなっていきますね。

前作の「永久不変のゴルフ理論」やこの度の
「道具の使い方」Disc4、Disc5にて

良いスイングのための腕の使い方のレッスンでしたが、
このDisc7から実際にボールを飛ばす動きのレッスンとなります。

その一つに重要なのが重心移動。

この重心の移動のエネルギーが体の回転に繋がっていき
一連の動きでプレーヤーのマックスの飛距離が得られるというレッスンです。

今まで腰をターゲット方向へ回しながら重心を移動させ
左腰が左上に切れ上がっていき、それにつられてダウンから

インパクトへ体の動きが出ると理解していましたが、
実は違っていたのが森プロの動きと説明でよく分かります。

森プロの動きを見る限り、ダウンに入り、スイングを開始すると
必然的に右肩が下方向へ移動していきます。

その結果、重心がターゲット方向へ移動し
左骨盤が左後ろへ切れ上がっていっていました。

言葉では説明しようにも無理がありますので
是非森プロの動きを見て頂きたいですね。

基本的な腕の使い方、体の使い方が分かれば
ヘッドターンによってインパクトゾーンが長くなる

ダウンブロースイングが出来るようになり
トップやダフリの出ない方向性も良く、飛距離も出るようになるのが嘘のようです。

ところでスイングは左手リードで右手でボールを打つ、と言われます。

今回のDVDでは、右手の腕の使い方については大変具体的な
説明があるのですが、左手のリードの仕方について余り説明がありません。

左手の使い方について、もう少し具体的な話が聞きたいと
思われる方もおられることと思いますが、右手と左手は
一体の動きであることから、その点は理解できるかもしれませんね。

実はDisc7で一つだけアドバイスがありました。

それはダウン時にヘッドの向かう方向を
少しだけ方向修正をしてやればいい!という話です。

これが重要なポイントとも言えるでしょうね。

この「道具の使い方」の内容も全て”良いスイング”のための
基本的な動作を、更に具体的な、”動き”を添えて
解説されていますので、本当に分かり易い。

基本的な動作を知らないと上達はあり得えませんから、ね。

このDisc7には、有り難いことに前作の「永久不変のゴルフ理論」1弾
に収録されている”良いスイング”のための
基本的な動作を身に付けるドリルも一部収録されています。

基本的な動作と実践に向けた動作を
会得すれば、次の上達の扉が開ける気がして
わくわくさせてくれる内容になっています。

 

森守洋プロ「永久不変のゴルフ理論」DISC7より

moripj2



10 【森 守洋プロ】フェイスの開閉しやすい、グリップとは?

From リアルスタイル
ドラコン飛ばし屋塾 丸谷

IMG_1068
飛ばすためには、

・ヘッドスピードをアップさせる
・ミート率をアップさせる

この条件が必須ですが、
フェイスターンの技術が身につくと
手首や腕を固定して「合わせる」のではなく
腕を使って、ガンガン振っていけるようになります。

すると、関節の可動域が広がり、振れるようになるので
ヘッドスピードがアップするという理屈に加えて

インパクトゾーンが長くなるのでロフトが立ってきます。

それにより、ダフりやトップなどのミスが激減し
俗にいう「芯を食う」ショットになってきます。

以上の理由から、森守洋プロの「ダウンブロー打法」
が有効であるといえます。

「今まで書籍で、散々言ってきたじゃないか?」
と思われたかもしれませんが

活字と、動画は結構違います。

視覚で、何度もイメージできるのがDVDの特徴です。

しかも今回は「弊社の企画」ではなく
森プロのレッスンに通えない人に向けて、生のライブ形式で
レッスンを収録してきました。

そのため、レッスンを試しに
2時間DVDを通じて受けて頂く、というイメージです。

1回1時間5000円のレッスンを
2回受けて頂く、価格に設定しています。

では、具体的に手関節を使えて
ヘッドスピードが「ビュンッ」とアップする
握り方は、どんなものか?

ディスク2ではその基本的な部分も紹介しています。
ご自身とのグリップを照らし合わせて
チェックしてみてください。

 


moridvd