30【安定したアドレスのつくり方】

ドラコン飛ばし屋塾の大津です。

体のどこを、どのように使えば、
より効率的なエネルギーを生み、

そのエネルギーをどのように使えば、
良いスイングに反映させることが出来るのか、

大変興味深い話です。

良いスイングの為にはまずアドレスが重要ですが、
アドレスをする上で何を気を付けていますか?

スタンス、向き、前傾角度…などなどありますが、

一番大切なのは力みがなく、
ぐらつかないで安定したアドレス。

その為にはどうしたら良いのか?

効率的な体の使い方、力の配分の仕方、
捻転のさせ方、重心移動のさせ方など、

分かりやすく具体的に説明されています。

森プロは、意図したボールをターゲットに運ぶ準備がアドレスだと言います。

確かにアドレスはショット前の準備ではあるのですが、
力みや緊張感が現れたアドレス、

ショットへの不安を抱いたアドレスになってしまいがちですが、


体の使い方、あるべき体の状況など初めて知る内容でした。

アドレス時の足の向きについても、USPGAの教則本には、

右足はターゲットに対し90度、
左足は30度程度開いた方が良いとされているそうですが、

人それぞれ骨格は異なるので、
こだわる必要はなく、

自分に合ったアドレスの取り方など、
基本的な身体の使い方も収録されています。

難しそうな内容でもわかりやすく、
大変有益な内容となっています。

基本をより詳細に知ることが出来て、
スイングがより良くなるかと思うと、行く先が楽しみになって来ます。

3dvd



10 【森 守洋プロ】フェイスの開閉しやすい、グリップとは?

From リアルスタイル
ドラコン飛ばし屋塾 丸谷

IMG_1068
飛ばすためには、

・ヘッドスピードをアップさせる
・ミート率をアップさせる

この条件が必須ですが、
フェイスターンの技術が身につくと
手首や腕を固定して「合わせる」のではなく
腕を使って、ガンガン振っていけるようになります。

すると、関節の可動域が広がり、振れるようになるので
ヘッドスピードがアップするという理屈に加えて

インパクトゾーンが長くなるのでロフトが立ってきます。

それにより、ダフりやトップなどのミスが激減し
俗にいう「芯を食う」ショットになってきます。

以上の理由から、森守洋プロの「ダウンブロー打法」
が有効であるといえます。

「今まで書籍で、散々言ってきたじゃないか?」
と思われたかもしれませんが

活字と、動画は結構違います。

視覚で、何度もイメージできるのがDVDの特徴です。

しかも今回は「弊社の企画」ではなく
森プロのレッスンに通えない人に向けて、生のライブ形式で
レッスンを収録してきました。

そのため、レッスンを試しに
2時間DVDを通じて受けて頂く、というイメージです。

1回1時間5000円のレッスンを
2回受けて頂く、価格に設定しています。

では、具体的に手関節を使えて
ヘッドスピードが「ビュンッ」とアップする
握り方は、どんなものか?

ディスク2ではその基本的な部分も紹介しています。
ご自身とのグリップを照らし合わせて
チェックしてみてください。

 


moridvd