86【森守洋プロ】シャフトをしならせて飛距離アップ【永久不変のゴルフ理論】

このブログでは、
よく道具の使い方について紹介していますが、

今回はシャフトについて。

ゴルフはクラブヘッドでボールを打つので、
腕の延長線上にクラブヘッドがあることで安心感があるのか、

腕からクラブヘッドまでを、
1本の棒のようにかためてスイングしている人を、

たまに見かけますが、
これではシャフトの特性を使えていなくて、

打ち出したボールに伸びはなく、
もちろん飛距離も出ません。

シャフトの特徴とは、
しなることですが、

スイングでシャフトをしならせることで、
ヘッドが走り、より飛距離が出ます。

シャフトの硬さや、パワー不足を理由に、
シャフトのしなりを感じられないという声も多いです。

シャフトをしならせるために、
まずはヘッドスピードを上げるために、

パワーアップすることが必要かというと、
そうではなく、

森プロは、
体とクラブヘッドの動きに、
時間差を作ることが必要と解説されます。

時間差をつけた動きを連続して行うことで、
シャフトのしなりを感じることができ、

ダウンスイングでは自然と
「タメ」ができてきます。

この動きをスイングに取り入れれば、
現状の体力と筋力のままで、

道具を買い替えることもなく、
飛距離アップが可能になってきます。

動画を見て取り組んでみてください。

【映像抜粋】
森 守洋の「永久不変のゴルフ理論」
~なぜ、道具の使い方を変えれば、スイングは自動的に変わるのか?~



83【森守洋プロ】まっすぐ飛ばしたい意識が、まっすぐ飛ばない原因!?【永久不変のゴルフ理論】

ティーショットがイイ感じに打てたから、
2打目が上手くいけばバーディーやパーが…

狙えるんじゃないかという思いから、
急に「まっすぐ丁寧に」という意識が強くなる。

そこで、以下のような考えや
動きになったことはありませんか?

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

ボールに対して、
フェースをスクエアにインパクトすれば、

まっすぐ飛ぶ。

確実に寄せたいアプローチで、
フェース面をターゲット方向に向けて、

まっすぐ押し出すようなショット…

どちらも、
ミスショットにつながる考え方や動作になっています。

フェースの見た目に騙されず、
ゴルフクラブのL字型という形状、

フェースの重心はどこにあるのか、
クラブを力で抑え込まなければ、

クラブはどのように動くのか。

「クラブの特性」というものを無視してしまうと、
スイングするスピードや遠心力が加わってきたときに、

ゴルフクラブの正しい扱い方から、
大きく外れてしまいます。

ショットごとの結果に左右されず、
クラブを正しく扱うスイングをしてみてください。

力強い弾道でまっすぐ飛ぶように変わってきます。



51【森守洋プロ】正拳突きの動作で全身連動したスイングを習得できる【永久不変のゴルフ理論】

森プロお勧めの、
体の使い方を体感する「正拳突き」ドリル

「正拳突き」の動きって
どうやって導入するの?

ゴルフスイングでは、両手でグリップを握るのに対して、
そもそも、左右の手をバラバラに使っているし、

スイングに取り入れようとしても、
上手くいかないんだよ…

という声を聞かせていただくことがあります。

その辺りの「試してみたけどうまくいかなかった」
という問題について、

どのようにスイングに取り入れるのか…

ちょっとマニアックですが、
この感覚が掴めるようになると

バックスイングでは左手を伸ばすのか…

トップオブスイングの位置…

トップでのヘッドポジション…

様々な問題をスッキリさせてくれると思います。

banner1