86【森守洋プロ】シャフトをしならせて飛距離アップ【永久不変のゴルフ理論】

このブログでは、
よく道具の使い方について紹介していますが、

今回はシャフトについて。

ゴルフはクラブヘッドでボールを打つので、
腕の延長線上にクラブヘッドがあることで安心感があるのか、

腕からクラブヘッドまでを、
1本の棒のようにかためてスイングしている人を、

たまに見かけますが、
これではシャフトの特性を使えていなくて、

打ち出したボールに伸びはなく、
もちろん飛距離も出ません。

シャフトの特徴とは、
しなることですが、

スイングでシャフトをしならせることで、
ヘッドが走り、より飛距離が出ます。

シャフトの硬さや、パワー不足を理由に、
シャフトのしなりを感じられないという声も多いです。

シャフトをしならせるために、
まずはヘッドスピードを上げるために、

パワーアップすることが必要かというと、
そうではなく、

森プロは、
体とクラブヘッドの動きに、
時間差を作ることが必要と解説されます。

時間差をつけた動きを連続して行うことで、
シャフトのしなりを感じることができ、

ダウンスイングでは自然と
「タメ」ができてきます。

この動きをスイングに取り入れれば、
現状の体力と筋力のままで、

道具を買い替えることもなく、
飛距離アップが可能になってきます。

動画を見て取り組んでみてください。

【映像抜粋】
森 守洋の「永久不変のゴルフ理論」
~なぜ、道具の使い方を変えれば、スイングは自動的に変わるのか?~



53【森守洋プロ】小さい力で大きな飛距離を生み出す「テコ動作解説」【永久不変のゴルフ理論】

ゴルフはクラブという道具を扱うスポーツです。

 

クラブを上手に扱うことができれば、
ミスショットは少なくなります。

 

クラブの特性を効率よく使うことができれば、
飛距離アップも可能です。

 

しかし、アベレージゴルファーは、
クラブを使うときに「テコ原理」がない。

と、森プロは解説しているのですが、
「テコ原理」??

ゴルフでは聞きなれないですが、
ご存知の「テコ原理」です。

小さい力で重たいものを動かしたりできる、
支点・力点・作用点の関係です。

どこに「テコ原理」使うの?
となってしまいますが、

テイクバック、コック、ダウンスイングと
インパクトまでに3回も登場します。

先ほどアベレージゴルファーは、
「テコ原理」を使ってスイングしていないと書きましたが、

トッププロや上級者は、
「テコ原理」を使えているのです。

 

小さい力で大きな力を生み出す。

 

それが飛距離につながり、大きく
ダイナミックなスイングアークになります。

「テコ原理」と言われても…
イメージしにくいと思いますので

今回も動画を用意していますよ。
コチラから確認してみてください。

banner1